男性の育児参画が日本を変える

【スポンサーリンク】






小室 淑恵さんが新たなデータ解説をされています。

男性の育児参画をすると、
2人目をもうける可能性が高いということ。
要は、出生率があがるということ。

簡単にいうと。

こどもが産まれる

夫が家事・育児をする(できる)

負担が減るので、2人目もいいかな?

2人目

ということ。
これが、育児に参画しないと…

こどもが産まれる

夫が家事・育児をしない(できない)

負担がもろ、妻へ。

なぜ、私だけが生き方変えなきゃ
ならないの!?…つらい。

2人目、欲しくない。

となります。

二人目が欲しいという、この気持ちが、
国の出生率を変える。
国の将来をも変えてしまうってこと
なんですね。

なので、会社に対して、働き方改革を
促している…という側面もあるのです。

このデータは、かなり前から出て、
私も、私の仲間も使っていたりしますが、
とてもわかりやすいデータです。

長時間労働や土日出勤で、
育児がままならない男性の皆さん、
2人目が欲しいと思うなら、
自ら、働き方を変えましょうよ。

2人目、3人目が欲しいと思う、
男性の皆さん。
あなたの育児・家事の参画度合いが
それを叶えることに繋がります。

 

 

https://www.work-life-b.com/info-category/wlb-data

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください