【社員の魅力が企業のブランド価値となる】

【スポンサーリンク】






ワーク・ライフ・シナジーの伝道師

ハピネスマイルの尾形です。

今回は、つれづれなるままにコラムを発信したいと思います。

 

~~~

私が勤めていた頃の話ですが、

以前、とある先輩からこういうことを言われたことが有ります。

「サラリーマンは、会社の看板をしょっている。」

「会社のブランドがなければ、ただの人。」

「看板があってこそ受注がうまくいくのだ。」と。

あなたも、このようなことを言われたことはありませんか?

はたして、これは本当でしょうか?

あなたはどう思いますか?

「その通りだ」という意見もあれば、

「違う」という意見もあるように思います。

昨年、会社、サラリーマンを卒業した私が、今感じていることは、

この話は「ある意味合っていて、ある意味違う面もある」ということです。

サラリーマンと(起業家も含む)自営業者で、

優越があるわけではないですが、

取引時のなどの信用度は「サラリーマン」の方が、ある程度高い

ように思いますし、著名な企業に勤めていれば、たしかに

「ブランド」が上乗せされる点はあるような気がします。

ただ、昔に比べて、企業がどうかの前に「人がどうか」という点が

より大事にされているような感じがしています。

仮に、あなたが取引先とおつきあいをするにあたって

取引をしたいのは、どちらの人ですか?

A.あまり有名でない会社に働いていて、いつも清潔な身なりで、
 ハキハキと応えてくれ、前向きな人。

B.著名な会社に働いているが、いつも身なりがだらしなく、

 返事もそこそこな、言い訳ばかりする人。

きっと、「A.」の方が多いのではないでしょうか。

私の感覚では、大局的には「A.」の方が成果を上げるでしょうし、

双方の会社は、それぞれに同じような社員がたくさんいたとしたら、

いずれ『逆転してしまう』ことでしょう。

 

結局は、企業のブランドは

「その企業にいる人たちの過去からの積み上げの総和」

だといえるのではないでしょうか。

 

魅力のある社員が多い組織は、

どんどんと魅力のある人を引き寄せ、

結果として、組織が成長しますし、

 

魅力の乏しい社員が多い組織は、

どんどんと魅力のある人が

去っていき、組織はどんどん衰退していく。

 

私は、魅力のある社員が多くいるからこそ、

その企業のブランド価値が向上するものだと思っています。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください