【まもなく4万人の賛同!】若きリーダーのが始めた署名活動

【スポンサーリンク】






パパ友であり、ファザーリング・ジャパンの理事である、
西村 創一朗さんがはじめた、長時間労働抑制に関する署名活動。
 
間もなく、賛同者が4万人を突破します。
僭越ながら、私も呼びかけ人に名を連ねさせていただいています。
 
11月22日に、加藤働き方改革担当大臣、塩崎厚生労働大臣に署名を
手渡す機会がセッティングされました。
 
これはまたとない機会です!
 
まだご賛同いただいていない方、是非ご覧いただき、
賛同をお願い致します。

「残業をしないと経験も積めない」とか

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」とか
「自分が好きでやっているのに止めるのか!」
という議論があるのは、承知しています。
 
ただ「長時間労働」になってしまうと、いろいろと弊害があります。
 それは、このような内容なのです。
・ある研究では、起きてから13時間経った脳の判断能力は、
 「酒酔い運転」をしているのと同じぐらいの判断しかできない。
 (それに高い割増率の残業代を支払うなんて…)
・月80時間以上の残業が続いた場合、労働基準監督署では、
 事故(病気や死亡等)が起こった場合、「労災認定」される
 可能性が非常に高い。
・労働者が希望していたとしても、管理職には「安全配慮義務」が
 あり、長時間労働を放置していたら、処罰されるリスクが有る。
 (本来、希望してやるものではないが…)
 
経営者にとっては、長時間労働になってしまうと、
正直言って「リスク」がとても高い事になってしまいます。
 
私は「制約があってこそ、人は急速に成長する」ものだと思います。
また「新たな経験をすることが成長につながる」と信じています。
 
制約なく、長時間労働を放置しているのは、大変もったいない
ことだと思います。
 
長時間労働をやめ、定時+αで、育児・家事・介護や地域活動、
自己研鑽などにコミットし、新たな価値観を醸成することが、
会社の業績にもつながります。
嘘だと思うなら、質問ください。
たくさんの事例があります。
上場企業から、中小企業に至るまで、
働き方改革を行った会社は、軒並み業績が向上しています。
是非、思い込みの壁を突破しましょう。
私も、そのお手伝いを喜んでさせていただきます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください