国の本気度が明らかに

【スポンサーリンク】






ブラック企業一覧とも言える、
労働基準法などの違反、送検一覧が
発表された。
毎月、更新されるそうである。

さすがに、これに掲載されたら、
翌年の就活では、影響は出そうだ。

ただ、電通は、まぁまぁの人気だったそう。

あーいうことが起こったから、
まぁ、変わるだろう…と思っているのか、
はたまた。

労働局の臨検は、何年かに一度やってくる。
特に、嫌疑がかかっている会社は、
なおさら、そのペースは早い。

いずれにせよ、労働組合のある会社が、
リストに載ったら、その労組は、
一体、なにやってるの?という話。
存在意義を問われることになる。

心してかからないといけない。

また、国も本気だということ。
喉元過ぎれば…といいことでは、
終わりませんよ。

根本的な対応、長時間労働の撲滅に向けて、
本気で取り組みを起こしましょう。

私も、ご支援していきます。

http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/10/story_n_16547390.html

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください